2015年10月13日

2丁拳銃の掟

アニメの方は先日終わったばかりのアオハルこと青春×機関銃だが、今は林当家がハマっており、「ねえねえ、ランダル2丁持ってきて入隊志願なんてのが来ちゃったらどうする?」なんて、そっちかポイントで悩んでいたりする(笑)

まあ、ランダルカスタムだろうが砂漠の鷲だろうが同じ事なんだが、2つ下げてりゃ何か良いことがあるかといえば、なんにもない。
強いて挙げるなら、マガジンが共通とかその程度だろう。

バックアップとして複数を携行するにせよ、「メイン」は常に1丁だ。
つぶあんでもこしあんでも、敵を撃破できるのが良い鷲だ(マルイの事だからウォーリアーシリーズみたいに緑のDEを出したら「うぐいすあん」になるのだろうか)。

これは先日のゲーム中の雑談時のあるあるネタで出たのだが、曰く
「ゲームでDE(デザートイーグル)使ってる奴にマトモなのはいない」

まあ、見てくれだけでゲーム向き要素皆無の銃だから、当然といえば当然ダネ。

さてさて、DEだからダメな訳じゃなくて、仮にハイキャパであっても両手に持っての2丁撃ちゲーマーなんてのは役立たずだ。
前にも書いたとおり、両手いっぺんに照準出来ないから。
同じマトを狙えば良いだろうって?
だったら1丁で良いじゃない!
2丁持つのは多方向を同時にカバーするためじゃないの?
ワンハンドじゃあ銃のホールド自体も甘くなるから、正確な照準も望めなくなるんだよ。

つまり、「使えない」という事。
まあ、フィールドでネタにされたいなら止めはしませんが、少なくとも我がチームには来ないで欲しい。
1丁にするか、余所行くかの選択を求めるね。

火力を補うだの、スイッチの時間短縮だのと能書き垂れる奴もいるが、だったら実戦でやってみせてから言って欲しい。
全て口先だけの理論に堕している事を体で学ぶ筈だから。
それに、2つあるからって気が大きくなったり油断したりするから却ってよくない。
吉田兼好も「2の矢を持つべからず」と言ってるとおりだ。

さて、だめダメ言うばかりじゃ教育上よろしくないので、豆知識を1つ。

馬賊の2丁持ちってのがあって、当時の戦記・ドキュメンタリー等で何度か読んだ事があるのだが、これは世の一般が考えてる両手に拳銃持って、というのとはチョト違う。

弾切れで再装填の間に火力ゼロにならないための2丁なのだ。
だから、1丁で応戦しつつ片手だけでリロードをしないといけない。しかも当時の馬賊だと主にモーゼルだから、マガジン交換じゃなくてクリップから押し込めないといけないのである。
我が輩が読んだ本では、銃本体を膝の後ろに挟んで左手でクリップから装填、その間も右手のモーゼルは休むことなく射撃、てな感じで、いつまでも途切れる事なく継続射撃してたそうだ。

ま、馬上の場合も同様に工夫して片手で込めつつ片手で射撃、ってのをしてたらしい。

こういう2丁は当然ながらアリだよね。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

ガールズ&タンクス

昨日の出撃は、久々に千葉の有料フィールド、しかも初参加の体験入隊・初心者等が相次ぎ、正規メンバーより数が多いというカオスな編成となった。

更にこの日は朝から雨。

さてどうなるか?の幕開けだったが、こちらも久々のβ若同志参戦で我が輩はミタカ大本営から車両で出撃が出来たので、ZB−26を持ち出してみることに。

「有料フィールドの定例戦」の場合、どこであれ大なり小なり1発2発では倒せない輩が存在する。
「対装甲戦闘」の要として軽機関銃を用意してみたのだが、案の定フル稼働する事となった。

この日は敵側に「装甲の厚い」のがおり、我々はその特徴から「タイガー」「パンター」「青いの」と呼んでいたが、更に悪いことにこの装甲目標は1台でも撃破に手間取るのが、しばしば隊列を組んで前線に突出するので、1台をどうにか叩いている間に別のが突っ込んで来て前線を崩される(しかもよくできた事に、青いのやらパンターやらを前衛に出して、後から来る重戦車タイガーが対戦車戦闘班を潰して回る)という事態。
ちょっと遊んだらいつものmauserに戻るつもりが、結局セミオート戦以外のほとんどはZBで対戦車戦闘をするハメになった。
まあしかもこれが正面からだとなかなか撃破出来ないが側面とかから叩き込むとなんとか倒せるので、「戦車相手に正面から撃ち合うな」と声かけあってはいたのだが、何せ向こうが正面から突っ込んでくるんでねえ・・・。

まあお陰で「対装甲戦闘」についてかなり実戦データを取ることが出来た。

そんなのをどうにかこうにか往なしつつ、今回は女子大生3人の参戦(うち1名はこの日正規メンバー認定)があり、なかなか和気藹々とした普段の人参解放軍らしからぬ雰囲気、でもほとんど全ゲームにおいて作戦立案を行うという点は人参解放軍らしいゲームが推移していった。

元々が雨天の予報だっただけあって、連休の中日なのに参加者は予想外に少なく、セーフティのテーブルは空きも目立つ程。

そんな中で我々は混声ながら9名と、この日の赤チーム全体の半数近くを占める大部隊に。
とはいっても5人はほとんど未経験に近い状態、そんな中で戦車を抱えた敵相手にまあ奮戦したほうだろう。
1回は戦車をやり過ごして大迂回を敢行、日伊の混成部隊が立て籠もるフラッグ直前の土嚢陣地を一掃して旗をとる等、終始劣勢だった赤軍に勝利と気概を示した。

特に惜しかったのはラストゲーム。
我々人参軍は迂回により途中の敵を撃破し何度目かの敵フラッグ眼前に到着。
ラストだし、という事もありどうしても女子のフラッグタッチによりこの戦を終わらせたかった。
私とβ若同志は先駆けとなって敵フラッグまでの道を掃海、敵フラッグまで指呼の距離に肉薄しあとは取りに行くだけ、しかしここで女子の到着が遅れ、ちょうど合流が出来たさあ行くよ、と声をかけていたタイミングで味方フラッグが陥落。

またしても我が野望叶わず!

あと面白かったネタとしては、女子3人の1人がスパイを命じられ、仲間と会話の際に「この中にスパイいないよね!」という話がでたら急に無口になって怪しまれてしまったとか。

スパイ戦2回目で私は、ちょうど銀ダン(今は貴重品となった7才以上用の深紅のPPK)があったので密かにスパイを志願、これ1丁で3人を葬り去った。

この時、機を狙って後ろでウダウダしてたわけじゃなくて裏切り開始タイムまでは最前線の一番前で友軍を叱咤していたので、さすがにまさか全軍の先頭に立って奮戦している人が、と味方もコロッとだまされたとか。
まあ、兵は詭道なりと孫子も言ってるからね。

天気が悪いと古傷がうずくという様に天候が影響したのか、この日は銃関連での不調が目立った。
β若同志はAKのストックエンドが外れてバッテリーを落とすし、その後も接触不良なのか時々動作しなくなり、貸し銃のAKを使用する事に。
また、この日2回目参戦のミスターB(仮)も、1本しかないSIG−552の多弾数マガジンのギアの軸が外れて使用不能。そのため、ちょっといじるつもりで持参したタナカのエアーコッキングMauser98kで以降を戦い抜くハメに。
まあ発射音がない分、電動に慣れきった敵の虚を突くことが出来て実は結構戦果をあげていたというあたりなんか、いかにも我がチームらしいけどね。

この98k、ゲーム間にちょっと撃たせてもらったのだが、昔のタナカ98kとかその後のガス、マルシンのカート式なんかを知っているだけにこれは使いやすくて良い。
シューティングレンジも狭かったので存分な射距離が取れなかったのだが、まずまずの弾道・命中精度だった。

是非このメカで三八騎銃を出して欲しいと思った次第。

まあこの日は運営さんもサクサク回してくれたのでそんなこんなでなんと全21ゲーム、我が人参解放軍は1度も脱落することなく全戦を闘い抜いたのであった。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 22:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

独裁者の孤独

当チーム「人参解放軍」の最高権限は、全て我が輩が担っている。
総司令・諸煩は?
彼は朱・毛時代の朱徳みたいなもんだといえばご理解頂けるだろうか。

そんな訳で、軍事・外交・政治はもとより徴募活動も見ているのだが、まあいろんなのが来る。

ウチのサイトから来る人は専用の問い合わせフォームを使ってくれる(これは、スパムメール防止措置でもある)ので、比較的スムーズにやり取りが出来るしあまり拗れるといった事はないのだが、SNSからの応募の方は数も多い成為かまあびっくりする様なのがしばしば見受けられるので、今日はちょっとそんなのを紹介して我が輩の苦悩の一端等を垣間見て欲しい。

・「入りたいです。よろしく」だけ
装備はあるのかないのか、経験はどの程度なのか、等、こちらも相手に応じたアドバイスやトークをする必要がある(例えば、全くの初心者で知識ゼロだったら用語から説明しないといけない)のだが、これじゃあこちらもどうして良いかわからない。
仕方がないから、質問を箇条書きにして答えてくださいって返すと、そのまま返事がないとかね。
最初の入隊志願は何だったのだろうと思う。
それとも、こちらからのどういった連絡を期待していたのか。全くわからない。
こうして一切を謎のまま消えていくのが、実は結構いる(最近減ってきたけど)。
他チームの紹介に「入りたいですヨロシク」だけの人は相手にしません、という記述を見つけたので、どうやらウチだけじゃなく片っ端から「入れて」カキコをしているのかも知れない。

・SWATとか、装備の勘違い系
紹介画像とか見てもらえば一目瞭然だと思うのだが、基本は野戦だからそれに合った装備でないと一緒に活動するメンバーの足を引っ張り迷惑をかけてしまう。
黒とか青とか、ホント困っちゃうから。
そういうのをコンセプトにしているチームも数多あるのだから、同類のいるところに応募をかけて欲しい。

・チーム紹介の中に書いてある事を聞いてくる、又は読んでない
例えば、活動は何曜日ですかとか、どこで活動しているか(別にフィールド名を聞きたい訳じゃなく、県単位とか)なんてことを言ってくるのがいる。
質問してくるならまだ良い。
装備やらエアーガンやらの相談に散々つき合わせておいて、次回活動予定を伝えたとたん「休みは平日だけです」とか。
あれだけ活動は週末だけと明示しているのに、何故ウチに所属したい?
ナンパ目的かと勘ぐっちゃうよね。

・ピックアップが前提
「家は都内です。車で連れていってください」と言ってきた奴がいた。
我がチームは車両の少なさでは学生チーム並に機動力がない。
参加者は8名だけど稼働車両は軽が1台なんて事もしばしばだ。
ほとんど毎回、参加メンバーを如何にフィールドまで連れていくか、に頭を悩ませている。
よりによってそういう所にこのお願いは、あまりにも非常識に映るが、余所はどうなんでしょう。
「フィールドまで連れていくよ」をウリにしてるチームもいるみたいだから、ハナからそっちに行って欲しいと思う次第。

・お金はないけど、いいですか
→ダメです(笑)これも何を期待してるんだろうか。
服やエアーガン等、貸せるものは良いけど弾だのフィールド使用料だの昼食だの交通費だの、自分が使ってなくなる物についてチームで手当はしないので、なるべく無駄な出費はかからない様に配慮はしているけど、最低限必要な出費は自己負担してもらわないと活動出来ないよね。
こんなのはウチに限ったことじゃないと思うんだが。

・・・こういう手合いは、ある時パッタリと連絡が切れるのが常なので、そんな視点からもだし、また上でも言った様に結局いろいろと聞くハメになるので、SNSの連絡欄は「簡単な質問だけ、回答期間もいつになるか未定」の条件でのみの利用とし、入隊志願は専用問い合わせフォームからのみ受付、とこれもはっきり言っているのだが、それでもSNSから入隊志願ってくるのがいる。

先日も、(質問のみ受付、の文言を逆手に取った気でいるのか)イヤらしくSNSの「質問欄」を使って、でもはっきりと入隊希望をしてきた奴がいて、まあ当方は紹介欄に言っている通り入隊希望は指定フォーム以外受け付けないと宣言しているのでその通りにしていたら、一ヶ月ほどして「オマエは失礼な奴だ。ブログも不遜な事ばかり書いてつまらない奴だ云々」と悪態を(また「質問欄」に)書いてきた。
熱烈希望が急変して悪口雑言とは、こいつメンヘラかよ!と思ったが学生じゃ世間知らずも止むなしか。
当方の対応はあらかじめ公開している通りなのだが・・・
まあいずれにしても、こんな奴は受け入れないで済んでホント良かったと思った。

こちとら商売でチーム運営してる訳じゃない、趣味の集まりで同好の士を求めているだけなのになんんでこんな不愉快な目に遭わねばならんのか、とちょっとイラっとしたのは事実だが、まあこれも我がメンバーに不愉快な思いをさせないで済んだという点では良かったのだと考えるようにしている。
変なの一度入れちゃうと、無碍に追い出す訳にも行かないし周りが被害を被るからね。
(とはいえ、社会的に問題あるの・メンバーといざこざ起こすのは躊躇なく即除名するけど)

今は削除されてしまったが、かつてyoutubeに挙がっていた「総統閣下嘘字幕シリーズ」のサバゲ編にて、ヒトラー扮するチームリーダーが言っていた「リーダーなんて連絡、調整、苦情の処理・・・単なる雑用係なんだぞ!」というのを改めて思い出した次第。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
ラベル:初心者 未経験
posted by 紅中兵 at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

MP40HC

先日、ウチの新人の要請を受けて秋葉原ー上野周辺のショップを一通り回ってきた。
今回は珍しく、普段買うものも特にないファーストの中古でイロイロと見つけられたのが大きかったんだが、ここで¥100のバッテリーをゲット。
まあバッテリーは痛み度合いが外観からはわからないので、あまり中古は・・・なのだが、今回は値段が値段なのでダメ元で買っちゃいました2本も。
1本はマルイ純正のラージ。まあニッ水全盛の現在では、あのサイズと重量で1300mAってのは効率が悪いが、トンプソンといいオルガといい、何故かラージ用のエアガンが稼働している我が輩のラインアップとしては全然ありなのである。
帰宅して充電してみたら、多少痛みある模様ではあるがそれでも約1000mA程充電出来たので、まあ上出来だ。

さて、今回のメインはそれじゃなくてもう1本の、9.6vのミニバッテリーだ。
こちらもニッカドなので容量は公称500mAと小さいが、お遊びでちょっと使ってみるには構わないと思い調達。
こちらも帰宅して、一旦放電の後に充電してみたら、ほぼ500mAそのままの容量があった。
こりゃ当たりダワイ、とハイスピードギアの入っているMP40に繋いでみた。

早い!

発射音的には映画のMP40さながらで、思わずニヤリ。

マルイでも出してない、2次戦火器のハイサイクル誕生である。

というわけで、先日のゲームで実戦投入してみた。

この日、我が軍からの参加者は少なく4名。
だが、そのラインナップは・・・

・MP40(HC)
・トンプソンM1A1
・ステンマークU
・MP5HC

2次戦銃が全体の75%。
別にこれ、事前に合わせた訳じゃないからね。
面白いのが、前回は6人中3人がトンプソンで、その為ゲーム中に

「うわー弾切れた!」
「これを使えっ!」

ってのを、ホントにやってた事。

今回はダメだろうって?
いえいえ、実はMP40とステンのマガジンは共通なんです。

多少リアルさが落ちても、こういうのってありがたいんだよね実戦では。

さて、ハイサイギア+9.6Vで生まれ変わったMP40のゲーム使用感は・・・

早いっ!

上でも書いたように、この日たまたまMP5HCがいたのだが、並んで撃っても遜色なし。
レーザービームは言い過ぎにせよ、弾道がパルスレーザー位には見える。
指切りセミオート射も普段なら余裕の我が輩だが、どうがんばっても3点射になってしまう程。
その分、敵側に送り込める弾数は多くなるから、少々の事では死なない相手も駆逐出来た。

この日の敵陣営は、マナーも良いベテランチームとヒットコールもまともに言えない某SNS系の外部チームの混成だったのでこの点からも有料フィールドでの効果を検証するに良い環境だったのだ。

友軍内からは「かなりアヤしいのがいる」と複数名の証言があったのだが、そんなのも弾数で駆逐!

「アヤしい」奴が図々しく半身出してるのを見つけても、普段だと1ー2発しか撃ち込めないが今日は10数発を一気に叩き込めるから、さすがに死なない訳にもいかないようだ(笑)

ただし、MP40はノーマルマガジンしかないのであっという間にマガジンは空になる。
ま、その分撃破率も普段より高かった。
この日も片陣営10人弱だったので、普段のモーゼルだと1ー2ゲット平均なのだが、この日は常時2ー3ゲット挙げており、まあ弾数を使うといっても1ー2マガジンの使用でこの戦果だから、決して無駄に多い方ではないと思う。

マルイ方式とは異なるチャンバーシステムだが、こちらも特に弾がバラけるという印象もなく、レンジの35m先の標的(小型の四角いオイル缶)にも2発目で命中を叩き出せた。

よく的に向かって100発以上フルオートで撃ってる奴を見かけるが、あれは何の意味があるんだろう。

我が輩はHOP調整とかのメカ調整を除けば、5発以内で命中弾を出してそれで終わりにしている。
2発続けて命中できたら、それ以上射撃する意味がないからだ。

銃の精度アップっていうならその位までやるべきだし、それが出来ないなら自分の射撃姿勢(主にホールド)を疑ってかかるべきだ。
特に、国産エアーガンで箱出しだったら30m以下で当たるのはほぼ間違いない。
(自称カスタムで性能落としちゃう輩がいるのでイジった後はこの限りではないよ)

閑話休題。

で、サイクルも命中精度も満足のMP40なのだが、この日困った問題が勃発。

リアフレーム(グリップのところ)が割れた・・・
まあこれも、グリップだけで片手持ちするとがたつく程度で、実射には影響なしだったんだけどね。
気分的に壊れたままって落ち着かないので、中古でも構わないからパーツで売ってないかネットで調べたのだが・・・さすがに中華電動、全然見つかりませんでした。
(おなじみの香港のショップとかも探索済)

・・・というわけで、リアフレームだけのパーツもしくはジャンクでも可なのでAGMの安ーいMP40、見つけた方はご一報ください。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 00:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする