2016年04月28日

世界大戦で●つだけの華

先日、QUEEN出撃の模様がさばなびに掲載された由をお伝えしたが、その後も他メディアでも載っているものがあったので、併せて紹介したい。

エアガンレビューで皆さんお馴染み、ハイパー道楽にもルパシカな我が輩が。

結構見てる同志いるのか、何人かから「載ってたね!」とお声かけ頂いた。

また、今回お声かけを頂いた友好チーム「ウルバヌス」さんでも、華麗な突撃の様子について言及されている。

その辺に掃いて捨てる程いる、陸自やらマルチカムに次世代M4だけど後ろの方でもたもたしてるとかじゃなくて、2次戦装備と銃でだけどネタ要員ではなくてガチで戦う(この日も常に最前線に出張ってたのは衆目の知るところ)、という姿勢は格好の被写体だったという事か。

という訳で、同じ志を持つ者なら老若男女問わず、サバゲ経験不問で受け入れているのだ。
2次戦のあたりなら露助だろうとアメ公だろうとOK(実際、どっちもいる)、これから揃えたいという気持ちだけあれば大丈夫。
M1A1、Ppsh−41、MPー40、STG−44、MG−42等がガンラックにずらり並ぶ姿は壮観の1言に尽きるだろう。
銃・装備の揃え方からサバゲ実戦での戦い方までトータルでアドバイス出来るのは人参軍ならでは!
最近女子隊員も入り、雰囲気も一層明るくなったと内外からも声がかかる我がチームで共に活躍しましょう。

自ら立ち上がろうとする者に天も味方する。
人参軍で勝利と栄光をその手に!

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 13:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

水兵服と機関短銃

ちょっと前に週間アスキー(電子版)の表紙で橋本環奈がM3グリースガンを持っている写真を見て、「何やってるんだろう、今更『セーラー服と機関銃』なのか?」と思っていたら、実は映画リバイバルだったというのは前にちょこっとショップネタの回でも触れてるが、改めて電車移動の我が輩が荷物を増やさずに電動を導入するとしたらかなり有利と改めて感じいっている。

以前に我が同志の修理でICSのを何度か預かり、散々いじり倒したのでメカは把握しているし、実際にテストで半日使っているのでその高性能も実証済だ。
セミオートがない事だけが難点、まあこれも有料フィールドに行かなければ問題ない(やたらとセミ縛りにしたがる定例戦があるので・・・)だけの事だし、我が輩の場合メインはあくまでモーゼルだから2丁使いをする限りそこも問題にならない。
まあ、信頼出来るセミオート機構が組み込まれていたら、初心者・特に女性にお勧め銃のラインナップに入ること請け合いなのだが。

MP40より更に短い全長は、取り回しの良さでAK−47Sをも凌駕するし、何たって女子が使えば誰もが『セーラー服と機関銃!?』と色めき立つは必定(そこかい!)。

プレス多用のチープさは実銃の実戦投入当初はボロクソ言われた様だが、樹脂製のヌルヌルしたデザインの現用銃とどっちが良いかって言われたら、断然「木と鉄」の方だよね。

まあ、M3は「木」の部分がないけど。

どうも体に触れる物でプラスティックってのは、安っぽいとか不快感とかしか沸いてこない。
マックとかスタバとかの、紙コップにプラの蓋のコーヒーとか、実際の味がどうとかよりその触感で味も半減である。

なので、銃は主要で使うモノはすべて木グリにしている。モーゼルだけじゃないぞ。コッキングのガバだってそうなんだから。

そんなこだわりのハンドガンが生かせる、そして「木と鉄」の銃が大活躍できる人参軍主催のインドアヒストリカル「上海戦でGO!」、今年は4/30(土)開催である。
ただし、記念品発注の関係で締め切りは今週日曜なので、参戦希望の同志諸君は遅れない様にエントリーされたし。

今回は体験入隊中の女子も既に参戦表明してるゾ!

人参解放軍公式HP「人参日報

人参解放軍主催イベント「上海戦でGO!
posted by 紅中兵 at 01:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

女王様をお呼び! ーQUEENテストゲーム参戦ー

既に飽和してるんじゃないかと思うくらいサバゲフィールドが林立する千葉に、新たにオープンするアウトドアフィールド「QUEEN」のオープン前テストゲームに縁あってご招待を頂いた。

時期的には定期活動と外れていたため、我が軍選抜チームを編成し、これに向かうこととした。

7:30開場とのことだったが、我々は電車組の収容の関係もあり8時現地着が限界だった。ところが着いてみたらもう空きテーブルなんかどこにもない。(その割にはスカスカだったのだが)

結局、運営に言って詰めてもらう事で、何とか座席を確保。
しかしながら、当日は180名想定だったものが250人を越える参加者があったとかで、駐車スペースもしくは集合スペースになるであろう空間もブルーシート敷き詰めて上野公園の花見か移動途中のシリア難民か、という感じのごった返し状態であった。

フィールドのイメージとしては、決して広くはない上にブッシュ地帯も少ない(全体の1/4位)。丸太やU字構、ぼろ布掘立小屋なんかで人工構造物を多数配置して最近ありがちな有料フィールドっぽい作りにしている。

広さ的には、入れて100人くらいだろうか。サバゲとして楽しめるなら50人程度までと見た。

シューティングレンジは2階立で、50mまでの距離がある様だ。ただしレンジではゴーグルをしろという指定があるのでちょっと面倒。

さて、参加者はこの手の大人数ゲームにありがちな色モノ系ゲーマーも安定の一定数存在し、異彩を放っていたがその辺は評価する気もないので割愛するとして、鉄砲系で言うと今回そば同志がMG42を初参戦させたのだが、他にもMG42やSTG44使用者はいた。
しかし我が輩のモーゼルや補助火器のZB−26については他に使用せるゲーマーを見ず。
価格的には入手しやすいと思うんだけどね。
やっぱ調整が出来ないのか。

装備に合わせ、かつ気候にも合わせ今回は久々にフル「金誠柱大尉」装備で行ったのだが、復活戦で戻る様が大変サマになっていたと話題に。
突撃P1110042-02.jpg

ま、政治的には「人民を率い最前線で指揮を執る主席」という事で(実際にそうしてたし)。
実際、初回ゲームの初っぱなで赤旗掲げて突撃をかけたり、ラストゲームでは敵フラッグ直前(数メートル)まで突撃肉薄を敢行している。

ちなみに、さばなびのゲームレポートに載っているのでご覧あれ。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 01:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

城下の武器商人

この3月に、ミタカ大本営近くにサバゲショップが出来たと聞き、先日偵察に行ってきた。

この日は運良く、あのぴっちょりーな女史が1日店長をすると聞き、こりゃあ一挙両得、と都内で用足しが終わった足で現地へ。

住宅街に入る感じでちょっと商店街からは外れ、寂しくなる道を進み「もしかして1本間違えたか?」と不安に駆られる頃、そのショップ「COVO」は出現した。

入るなり黒いゲーム服・・・あっぴっちょさんだ!
ぴっちょ店長.jpg

ちょうど店内に来客も少なかった事から、しばらくサバゲ談義などさせて頂き、3人ほどの団体さんが女子の服を買いに来たところで1日店長はそっちの接客に入った間に店内をくまなく観察。

この時期だけなのか、なんと映画「セーラー服と機関銃」で実際に橋本環奈が手にした(スチール等の撮影時に使用したのだそう)というM3グリースガンが展示されていた。
かんなm3.jpg

エアーガンでもないしモデルガンでもない中途半端なこれは何?と思っていたがそれ聞いて納得。

薬師丸ひろ子・橋本 環奈と2代に渡って使われたお陰で、デトロイトで量産を意識して設計されたこの銃が「世界一女子高生に似合う銃」だそうだ。
GIもびっくりだね。

閑話休題。

場所柄そんなに広いスペースでもないので、都内の有名店みたいに使いもしなそうなパーツをごっそり揃えてたりという事はないが、電動・ガスガン(コッキングは夜店のコルク銃以外なかった)、弾とガスとゴーグル、被服とカバン・ガンケース、といった基本的な物は一通り置いてある。
女子向けに力を入れているというだけあって、決して広くはないスペースだが試着室がゆったりと取られていたり、置いてるエアーガンもMP5やβスペツナズ等、女子向けのチョイスを感じさるところはコンセプトがしっかりしていて良い。
なんと、非常にわかりにくいスペース利用にて、4mのシューティングレンジもしつらえてあったのはポイント高い。
やっぱ銃を売る以上は、実際に撃ってみられるって重要だからね。
まして触るの初めてなんて女子が対象だったら、尚の事である。

4mだから、ハンドガンだったらきちんと狙わないと的には当てられない。
その点から、ただ弾出ますね終わりじゃなくてテッポーの一連の操作を体験出来るのは良い。
ここで少し遊ばせてもらえば、インドアだったらそんなに違和感なく入っていけるんじゃないだろうか。

限られたスペースに一定の方向性を持った商品扱いはある意味、セレクトショップの感かな。

前日サプライ(弾とかガスとか)が無くて都内まで買いに行く暇もない・・・という時は我が輩も利用するかもしれない。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 01:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子サバゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。