2013年07月21日

ステラがっかりの巻

前回ちょこっと触れた「ステラ女学院高等科C3部」なのだが、第三話はちょっと残念な感じだったね。

・スタートカウント中にグレネード投げる?それはフライングだろ?
(ちなみに、人に直撃すると大変危険なので投擲は禁止しているところが大半)

・敵の銃掴むとか銃床で白兵戦とか、銃含む敵へのタッチは厳重禁止が一般的。ましてゴムナイフでもないエアーガン直接使っての白兵戦はあり得ない。

まあ、突っ込みどころはこれだけじゃないよ勿論。
DEでフルオート?とか午後の第一戦を夕方までやってたの?とか、榛名凜の得物はM3グリースガンなの?(協力・マルイなのに)とか。まあ最後のは突っ込みというより大人の事情への疑問だが。

1話2話はまあまあ、って感じだっただけに残念さがひとしおかも知れない。

まあ、アニメ的演出もあるので「ゴーグルはフルフェースが良い」だの「スカートでやれるのか」だの野暮な事を言う気はないけど、実際のサバゲで禁止もしくはルール違反な行為は、頭の弱いコ達に誤解を生むのでどうかと。
特に最近はきちんと基本的説明を受けず、雑誌とかサイトのイメージ先行で始めちゃってる感満載の初心者が多いだけに、危惧している。

シューティンググラスだけとか、半袖でゲーム参加してる、そのくせサバゲ挙動の覚つかない奴を見る度に「コイツどこまでわかってるんだ?」と不安になる。
どういうリスクがあるか承知の上で自己責任の覚悟が出来てるんなら構わないのだが、後になって「顔狙われたからグラスの中に弾が飛び込んできた」だの「半袖で出てる腕を撃たれて痛かった」だの苦情を言われてもねえ。

ブルッて棄権しちゃうゆらに活を入れる位なら、上記みたいな中途半端ゲーマーにも思いっ切り活入れてよ、榛名凜ちゃんさぁ。

人参解放軍公式HP「人参日報」
posted by 紅中兵 at 23:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 女子サバゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜なんだか突っ込みどこ満載ですね(^^;)

まあ、確かにゴーグルやスカートは演出として仕方ない部分だと思いますが・・・フライングや白兵戦ってのはどうよ?とは思いますねぇ。

特に中学・高校生とかで、これから始める人とかは「あれもOKなんだ」と思って欲しくない部分です。


しかし、うぽって・ガルパン・C3(いずれも見たこと無し/笑)と、どうやら我々サバゲーマーの時代が来つつある??




そうそう、シューティンググラス。
自分も前から危ないなぁと思ってました。

なんせ、ゴーグルタイプではないので密着度が低過ぎ!
上下左右にけっこう隙間がある!
しかも、落としやすい!!


主席の云われる意味でもシューティンググラスには反対意見ですが、もう1つの意味でも自分は反対です。

たとえば、隙間から目に直撃を撃たれて自己責任だから別にOKだよって云われても、正直もし目に撃ってしまったら、撃った方はかなり後味悪いでしょう・・・(--;)

そう云った意味でも、少なくとも目もとに密着するタイプのゴーグルは使用して欲しいもんです。


シューティンググラスはあくまで、シューティングレンジ等の射撃時のモノですから。
Posted by キータムラー at 2013年07月22日 12:34
シューティンググラスやら半袖やらでゲームやって平然としてるってのは、「自分は撃たれない」一方的なシューティングのつもりなんでしょうかねえ。

単なる的撃ちだったら的に配慮なんかする必要はないけど、サバゲは相手あっての遊びですから、自分の不備不注意で相手の気分を悪くするのは謹んで欲しいものですね。
Posted by 紅中兵 at 2013年07月22日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック