2014年07月01日

よしなにメカドック

先日の3対30(もう人数が伝説化しつつある・・・)の際にフイのメカトラブル発生で発砲が出来なくなった、カタヤンのG36C。
ちなみに、純正マルイのブツ。

ミタカ兵器工廠にドック入りし、ついでに総点検。
故障原因は、なんとギア飛びでした。
スパーギヤががっつり逝っちゃってる。
音とか、使用時の状況からタペットプレート折れかピニオンギア飛びを予想してたのだが、残念ながら違いました。

で、元々は不具合箇所見て後でパーツ買いに行かなきゃ、と思ってたのだがおや、「何としたことでしょう」、こんなところにSHSのギアセットが。

実はMP40あたりに組んでみようと思って買ってあったんだけど、バラすタイミングがなくって(自分の電動はよっぽど思い切らないと開けないもんで・・・)、まだ組んでなかったものだ。

ん〜ちょっともったいないな〜。しかもこれ、プチハイサイクルにも出来るし。
(元々はそれを期待して買ってきたのだ)

でも、せっかく開けたのでパーツがあるならこれ組んじゃえばすぐ直る訳だし、交換による性能低下の可能性については、G36Cならバレル長も短いからハイサイ組んでも支障はない筈という事も考え、「頼んでないよ!と怒られたらしゃーないまた開けて外すか」と一端組み付けてみた。
戻す前にグリス塗り直し(スパーギヤの破片と覚しき金属粉まみれでエラい事になってたので)、バレル清掃(これもスゴかったー。燻してたのか?って位に真っ黒)など、一通り他の箇所も調整した後、復元作業は終了。

シリンダーに影響を与えない様、掃除の時と同じ状態にしたクリーニングロッドでバレルを塞いで唐撃ちで少々馴らし。

おっだいぶ気密が取れてるようだ。
突っ込んだクリーニングロッドが数発ですぐ押し出されちゃう。

肝心のサイクルは、フルオートだとそんなに早くなった気がしない。
ま、普段使ってないからそんなにわかる訳でもないんだけどね。

ただ、セミオートにしたらヤケにキレが良いようだ。
これ、私的にはポイント高いよ!

G36Cといえば、C3部の陸奥ほのかの愛銃だったな。
少々重い気がしないでもないが、確かにこのサイズは女の子の取り回しにも不自由はなさそうだし、妥当な選択だろう。

作戦参謀ドノにこのプチハイサイG36Cを持たせたら、どう活かした戦い方をしてくれるだろう。
なんて事を考えたら、ちょっと楽しくなった今回のメンテナンスであった。

人参解放軍公式HP「人参日報
posted by 紅中兵 at 00:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | メカ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だか、大分御無沙汰している当家です。来週こそは突撃しますよ!
Posted by 当家 at 2014年07月07日 21:10
はーい、待ってますよー!
Posted by 紅中兵 at 2014年07月08日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400735833
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。