2015年09月23日

アオハル分析 ー前車の覆るは・・・ー

前回間違って、以前書きかけだったオルガ2号機の話をアップしてしまった。

ま、あれはあれで息の長いレポートになると思うので、実戦投入までまた時々お付き合い頂きたい。

・・・ということで、今回は先日放映終了してしまったが「青春×機関銃」、一通り見ての勝手気ままな印象など述べてみたい。

当初、「ステ女(C3部)」があまりに残念だったことから「まあ、アニメじゃしょうがないのか」と全く期待していなかった。

まあ、ベースはBLの様だし作者も「サバゲの体をとったガンアクション」と言っている様に、純然たるサバゲがテーマではないのだが、その割にルール等きちんと描写しているので、その点は高く評価している。

とりあえず覚えていることだけでもピックアップしてみよう。
【良い点】
・ハイサイクルは初心者向ではない、としその理由(弾切れしやすい事)をきちんと取り上げていた。
火力だけをピックアップして、「初心者はとりあえずコレ!」みたいな無責任な事を言う発言を結構ネットで見ていただけに、寧ろ良く気づいたと言いたい。
ある意味、サバゲについてもあやふやなネット情報に頼るんじゃなくてちゃんと調べてるんだろうな。

・通常だとルール違反の白兵戦を「イベント特別ルール」と断りを入れる事で採用
これ、C3部で何の断りも無しにやらかして思いっ切り批判された件ですよ。
基本は相手への接触は一切禁止、だからね(劇中でも何度か触れてたよね)。
ただし、かつてはゴムナイフなど危険性の無い物でのアタックは有効としていた時代があり、我がチームでは創建当時まだそういうチームとの交流があったので、ルール的にはありとしている。
ただし、勿論直接接触はNGだ。あくまで危なくない物でのタッチ(スポーツチャンバラとか)のみ、人参解放軍主催ゲームの時のみ有効ルールとしている。

・「人前でエアガン振り回しちゃダメ」など、基本原則をちゃんと押さえている
こういうのをちゃんとやってくれないと、アニメそのまま真似する馬鹿が増殖するんだが、こうしてはっきり明言しているとさすがに勘違い野郎も発生しないだろう。
テレビの影響が大きい(正確には、メディアに踊らされる奴が多い)事は昔から変わらないからね。

・TGCで雪村が市を見失った時に言っていた「敵の立場で考えろ」等、実際に参考に出来るネタ多数
この辺、我々の様に作戦をきっちり考えて彼我の行動を読んでのゲームをしている面々には至極当然なのだが、単に開始と同時にのそのそと動いていって撃ち合いになった場所で正面からバラ撒き合いをするだけの連中には理解できないだろう。
その点からも、結構研究してるではないか!と思わずニヤリとするシーンが幾つかあった。

・フジモンvs蛍の1戦など、「相手を認める」事や銃への特別な拘り
これですよ、大事なのは。
何でゾンビが存在するかの1つは、自分だけが生き残れば良い・勝てば良いという発想で相手を1つの人格として認める事ができてないから。
先日のBE●M戦でもそういう輩がいたんだけど、オマエがゾンビしてまで反撃した相手は、FPSのモブじゃないんだよ!
貴様等ゾンビPMC共に数mの距離でフルオートを浴びせる為に、どれだけの技術を駆使したと思ってるんじゃい!

・・・閑話休題。
という事で、名人の域にあるベテランの技を素直に認める事ができ、また有利不利は承知の上で「この火器と共に戦場にありたい」という拘り等、我が人参解放軍でも大いに認める事多数である。

・やっぱ、テーマは「あきらめない事」だろう。
 映画1911の孫文よろしく、成功するまで何度でもしかかる事、これを失ったらその時こそ負けだ。
少年ジャンプ的展開とはちょっと違った路線からこれを見せる、これもまた面白いと思った次第。


それでは、逆にちょっとしらけた点を幾つか。
【残念な点】
・雪村がぜんぜんスナイパー向きじゃない格好
前にちょっと書いたが、スナイパーは見つかったら全てが不利なのでとにかく見つからない様にする。敵を撃つのはその次の話だ。
何もカッコだけのギリースーツを着せろとは言わないが、あまりにも工夫のないその辺の日曜ゲーマー的な格好じゃあ有効射程距離まで近づけんぞ!
まあ、これ真似したところで戦場でカモになるだけなのでやりたい人はどうぞ々々。
でも、ウチのチームメンバーは勘弁な!

・ミニガン持って高機動なんて不可能
まあ、そもそもミニガン(バルカン)自体がその構造上HOPが使えない上に弾が0.12g専用(最近再販されたCAWのだとHOPが入り弾重量制限もないらしいが)だったので、索敵能力がズバ抜けてない限りアンブッシュで簡単に撃破できちゃうんだが、まあそこは個人の能力を最大限に発揮したとして、でもそもそもがミニガンって本体重量が16kg、加えて動力は12V蓄電池(スイッチユニット込みでだいたい5kg)、確かにフジモンはバックパック背負っていたからそこに収容しているんだろうけど、こんな重量物抱えて本当に高機動で動けると思いますかア?

・指貫グローブ
これは、指先の保護の点から全くお勧め出来ない。
使ってる奴は「指先の感覚がわからなくなるから云々」という言い訳をするんだが、そんなモングローブしていても操作出来る様にするのが訓練だろうが!
繰り返し言うが、近距離から素で爪に当たったら割れるから。
そうそう当たらないと思ってるんだろうけど、私の経験からは結構指に被弾する事って多い、とだけ言っておこう。
後は自己判断で。でも、怪我したら周囲の仲間も嫌な気分にさせるから、忘れないように。

・2丁拳銃なんて戦力にならない
C3部もそうだったが、どうしてリーダーはDE(デザートイーグル)の2丁撃ちをしたがるのか。
そもそもDE自体が無用に大きく、またズバ抜けて性能が良いかといえばそんな事も全然ない。
1丁でもミソっかすなのをしかも両手に持ってまともにゲーム出来る訳ないだろ!
って事だ。

2丁拳銃については近々別の機会にもダメダメな点を言及してやりたい。
というのは、イメージだけでこういう装備したがるおバカさんが後を絶たないからだ。
1丁でも2丁でも同じ事、ハンドガンだけで電動相手に互角の戦いが出来ると思ったら大間違いだヨ!
・・・と、主戦火器がモーゼルの我輩的には声を大にして言いたい。

・そもそも、正しい「機関銃」が出てこない
連発(フルオート射撃)が出来れば機関銃と思ってるのかも知れないが、劇中で一般的に使ってるのは「サブマシンガン」「アサルトライフル」であり、正当な「機関銃」は軽機関銃・重機関銃とも出てこない。
ミニガンはどうだという声もあるが、あれは車載火器であって歩兵が手持ちで行軍に携行するモンじゃないからね。
フジモンが使うのがMG42とか(まあ、人狼になっちまうが)だったら、何とか面目躍如だったのだが。
或いは、MG34で「これはかつてのアサヒファイアーアームズのパーツが・・・」みたいな絡みもありか。
デザイン的にはこっちの方が機関銃っぽいかもね。

・・・タイトルにまで絡んじゃったところで、この辺りにて終劇。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評・映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426593726
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。