2019年08月10日

憧れの賢者

今年の梅雨はゲーム日程とだだ被りして、毎回週末は雨天大当たり!な所為で結局1ヶ月半ほど公式出撃はできなかった。
あまりに体が鈍ったので、単騎TAF ZONEまで行って来たのは以前にここでも書いた様な次第だが、カンも戻らない状態で燦々たる結果だったのはまた書いた通り。

やっぱり、ネットなんぞつらつら眺めてるだけじゃあミにならない。
実体験こそ最上!

とはいえ、無理くりインドア行くのもなあー・・・と思っていたので、去る雨天中止の日曜、毛色の違う体験を求め東京駅そばのKITTEにある「インターメディアテク」まで行って来た。

ここは、東大の豊富なコレクションがJPタワー/KITTEの2階・3階に展示されているんだが、無料なのだ。
駅チカだから雨も強行突破できるし、金もかからんのなら、と重い腰を上げてみた訳だ。
(まあ、日中の蒸し暑い時間をいささかなりとも涼しいところで過ごしたいというのもあったのだが)

いろんなところの紹介記事を見てると骨格標本しか出てこないのだが、そして2階の入ってすぐのところからしばらくは大小様々の骨格標本がメインで展示されてもいるのだが、それだけじゃない。

2階は自然科学系だが3階は機械系が多くあり、幕末の写真とか銀塩写真とか、紀元前のコインとか製作途中の乾漆像もあれば器械運動の模型、エジソン式蓄音機なんか見てると、カセットテープとかフロッピーディスクも現世代人からすると同じように「滅んだシステム」にみえるんだろうか、なんてことを思わせられたり。

骨格標本と剥製はちょっと気持ち悪いかな、と思ったが、いやいやそれだけじゃあない。
人類の「知りたい・見てみたい」を表層的だけどぎゅっと集めた感じ。

ちょうど、今を時めく「断捨離」の逆がここにある、と感じた。
とにかく、とっておこうよ。後の世代への資産なのだから。

人参解放軍公式HP「人参日報

お問い合わせ・入隊志願はこちらで受け付け中!(webフォーム)
posted by 紅中兵 at 21:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]