2008年03月02日

格安ガスの使い方

主にPCサプライを扱う店に行った事がある方ならご存知と思うが、キーボードとかの掃除用として売っているダストブロアーという物がある。これに使われているガスがフロンHFC−152aといって、地球温暖化係数がフロン134(通常ガスガン用として売っているガス)の1/10というヤツだ。しかもこれは1缶¥500、2缶だと¥1000以下で売っているので、これがガスガンに使えればランニングコストをだいぶ安く出来る。

サイトで調べていたら、少々パワーは落ちる(むしろMAXIとかには好都合!)ものの使えるとの事なのでなんとかしてみたいと思っていたのだが、口金が違ってそのままでは注入出来ない為、試行錯誤していた。

この度、マルシンの昔のガスガンに付属していた延長用ノズル金具をフロン152に噛ませ、空のフロン134缶とこのノズルの先を4mmホースを繋いでみたところ、うまく空缶の方に買ってきた152ガスを入れる事が出来た。
この出来た詰め替えガスを使って、ガス食ってしょうがない火薬不要モデルガン状態となっている8mmブローバックモーゼルに入れて遊んでみた。
例によって弾は入れない。あっ全然快調!
この時期のガスブロは動作がシブいのが常なのだが、室内のせいかセミオートもしっかりがっつりリコイルして気持ち良く動いている。なにより通常のガスと同じ様に充填出来るのが嬉しい。
という訳で、最近のきなみ物価が上がって会計が切迫されている同志諸君に紹介してみる事とした。
興味のある方、明日のガス代にも困窮している同志は試してみると良いだろう。

ただしこれに伴う副作用が何かあっても当方は一切関知しないので、ご利用は自己責任で!
posted by 紅中兵 at 10:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メカ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック