2016年02月23日

新中央電脳、起動!

その後、中央電脳はメールデータやらブックマークやらの移設も完了し、どうにか換装も出来たかな、というところなのだが、前にもちょっと書いた様にやたらメモリ容量を食う。
特に、立ち上げ直後とブラウザ立ち上げ時が酷く、単なるtxtの文章入力でも延々待たされる有様に我慢ならず、どうせならということでちょっとだけメモリ増設を行う事にした。
事前に調べてみたら、2GBで3千円程度だったので、まあその位なら本体を格安で入手出来たから良いか、ということで、予算をこのラインと定め、再びアキバへ。

心当たりの店を数件回ってみたところ、4GBで2千円代という物もある。
念のためメーカーを調べてみると、「相性が・・・」とか「動作不良が・・・」というコメント多数。
さて、ここで決断せねばならない。

・手堅く2Gで我慢するか。

・一発当たりを目指し、これで攻めてみるか。

・・・と書くと、まるっきり博打の様だが、我が輩の感覚的には、往年のThinkpadなら相性問題はほとんど影響なし・その辺にはかなり強い筈、という確信があり、またそれが故にThinkpad(まあ、IBMじゃなくてレノボになっちまったという一抹の不安はあるが)を選択したのだから、との思いから、この妙に安いメモリを調達。

帰宅し、メシもそこそこにまず裏蓋開けて増設。
たかがメモリ刺すのに6つもネジ外さないといけないなんてところは、往年のIBMならやらない設計だろうなー等と思いつつ、難なく作業は終了。

そして立ち上げ・・・

はっ早い!

立ち上げだけじゃなくて、ブラウザの立ち上げや読み込みも非常に早い。
さすがは過去最高スペック!
会社のPCよりも更に上だもんね。
(いつも、法人からの型落ちPCを格安で調達していたので・・・わかるかな?まあこれもそうだと思うけど・・・)

メモリ6GB搭載して、ようやくwindows7の64bitの恩恵に浴する事が出来た。

さーて、遊んでないで今度は諸々電脳系の作業を進めないと・・・

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
ラベル:thinkpad
posted by 紅中兵 at 01:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

中央電脳改変

それは、突然の出来事だった。
メール文下書きを書いていたとき、突然画面がパステル画というか抽象絵画のようになり、キー操作を全く受け付けなくなった。
強制的に電源抜いて再起動を図るも、BIOS画面にすらならず。

人参軍中央電脳、突然の機能停止。

・・・実は、前の週に数回ブルースクリーンとなる症状が起きてはいた。
調べたところメモリが怪しいとの事で、事実メモリ2枚搭載の1枚を抜いたら安定したりなんて事もあったので、この辺だろうとは思っていたのだが、今回は画面表示が抽象画みたいになって固まる・再起動してもBIOS画面にすらならず立ち上がらない(例のメモリ抜いてみたりもしたが、変わらず)、という症状となり、加えてまあ元々が匡体もあちこち割れ(X31って割れやすいそうな)が生じており、DVDとかを使うために必要な外付けドッキングベイもなにもしていないのに突然「切り離しました」みたいなメッセージが出る事多数、キーボードも最近なんかクタクタした感覚、加えてスペースキーも押す場所によっては動作しないとか、あちこち不具合も出ていたので、仮にメモリが最大要因としてもそこに数千円かけるなら更改してしまった方が良い状態ではあった。

そもそもが、2003年発売のモデルだったんだよね、コレ。
我が輩が買ったのは記録によると2011年。この時はWINDOWS2000がサポート終了になるとのことで、やむなくXPを買いに行ったのだがOSの値段でプリインストールされたPCが買える、という事でこの時乗り換えた。

爾来、CD−ROMドライブを自前でDVD−RWなコンボドライブに換装し、中央電脳として長く君臨し続けた。

この時、ドライブを換装した事により焼き用マシンとして長く存在したデスクトップは不要となり、大本営の環境改善にも寄与したのだ。

メモリ増設により、XPサポート終了後もwindows7を入れて延命を図っていたが、さすがにハード面での消耗が限界に来ていた様だ。
HDDもIDEだから160GBがせいぜい、とこの点も限界に達していたし。

気分としてはMIG−21をアビオニクスだけカリカリにチューンして飛ばしていた様な感じだったが、今回2/11紀元節にアキバで確保出来たのは奇しくもこのX31を買った年に最新鋭だったマシン、L520である。

THINKPADは、IBM時代は好きだったけどLENOVOはねえ・・・という、まあ他の多くの人も同じだろう感情を我が輩も有してはいるので、今回はスペックと価格の折り合いが付けばdynabookでも富士通でも良いつもりだった。
まあ、たまたま破格の値段で出てた(勿論、それなりの理由ありだがそこは実は購入後に解決させた)のがこれだったので、候補数点の中から「一番価格が安く」「一番高スペック」の両方を満たしていたこいつに決定。

スペックあがりすぎちゃって、windows7の64bitだからプリンタドライバとか諸々がインストールすら受け付けず、でパーティション切り直して32bitを別途インストールしてデュアルブートにするという手間がかかり、立ち上がりまでだいぶ時間を食ったけど、まあ何とか現在80%の復旧率で使える状態になった。
旧PCから取り出したHDDが何とか読めたのが幸いした。
まあ、こんな事もあろうかと月1で外付けHDDにバックアップとってたので、最悪の場合こっから戻す事もできたんだけどね。

スペックは上がったものの、何で2GBのメモリがブラウザ程度でギリギリ使うんじゃい!と最近のアプリの傾向に不快感を抱かないでもないが、まあとりあえずHDD自体もX31時代の倍容量になったので、これで動画加工とかもすこしは出来る様になった。
(データバックアップ用の外付けHDDよりも容量がデカいんだから)
さて、新中央電脳でいつまで走れるやら。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 01:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

中央電脳始末

この3月末でXPのサポート終了って事で、しかも消費税も上がるという何ともイヤらしいタイミングな事からミタカ大本営中央電脳のアップデートを行う事とした。
当初はwin7入りのPC毎買い換えようかと思っていたのだが、2度程アキバ巡りをしたもののどうも価格と性能に満足行くのがなかった事と、ちょうど7単体で手頃な値段で出ていたのを見つけた事もあり今回はOSのみ調達で延命を図る事とした。
しかし、いろいろと調べたらメモリ容量がスペックを満たしていない事が判明。
まあしゃあないのでメモリだけ追加調達する事に。
あと7000円出したら当初PC入れ替えに用意した金額と同等になってしまう。これ以上は追加投入はしないぞー。
とはいえ、結局丸ごと買い換えの方が(性能も上がるし)良かったかも、ではある。
特に今使用中の電脳は前機がHDDクラッシュしてOSもサポート終了したwin2000だったので両方買うならまるっと買い換えちゃう方が安かった事から、取り急ぎ調達したそんなにお気に入りではなかったブツという事もあり、機を見て新機種にする事に抵抗はなかったのだが。
まあ、これでまた数年はダマシダマシ使い続ける事となりそうだ。
もうHDDがいっぱいいっぱいなのが(何せIDEだからもう大容量が手に入らない・・・)ちょっと困りモノだが。
posted by 紅中兵 at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

ほぼ水先案内人

非主流好きの我が輩は、W−ZERO3の頃からWILLCOMを使っている。
これは、今でいうスマホの走りである事は間違いなく、当時はあのクソでかい四角い物体で電話をして「何それ電話(笑)」と言われるのがネタだったのだが、今やiPhone始めとするスマホ普及で全然違和感なくなってしまった。

その後もWILLCOM03に乗り換え、ANDROID普及以前のスマホで執務を行っていたのだが、流石に最近はバッテリー持ち時間その他、諸々実用上も支障が出ていた事から、安い運用費で以下を達成すべく乗り換えを検討。

・アンドロイドOS
・ナビアプリが使いたい
・(ナビを使うため)大画面が使いたい
・音声入力が欲しい

windows mobileはPC作成ファイルとの親和性は良いのだが、最近のスマホセッティングされたWEB画面とかで表示されないものが多く、折角の出先でネット利用が有効に生かせなかった。
手書き漢字入力とか、気に入っている機能も多々あるんだけどね。

本来なら同キャリアの新型に機種変したかったのだが、SIMが変わってしまう為に電話番号もメルアドも引き継げないのでもう、だったら何でも一緒だわい、という事で今回、実は酔った勢いもあって「ほぼスマホ」MEDIAS NE−202に思い切って替えてみた。

拘る人なら、おさいふケータイも災害通知も無い点を指摘するかも知れないが、我輩には元から無かったし使う予定もないので特に気にもならなかった。
むしろ生活防水が付いてるのが安心である。というのは、自転車で遠出する際のナビとして使う事を想定していたからだ。

逆に気になるのはバッテリーの持ちだった。
買って3日間くらいは、まあ浮かれてガシガシ使っていたのもあるが1日もたなそうな勢い。
やっぱり多機能だから使った分電池も喰うなあ、と思っていたのだが、これについては電源管理アプリを入れてみたところばっちり向上。今ではうまくやればまる2日は持ちそうなくらいまで向上した。
これで必要な時にはがっつり使っても1日程度は安心である。
ちなみに我輩が入れたのはJuiceDefenter。

で、肝心の期待したナビだが、元々「NAVITIME」を入れようと思っていたのだが、デフォルトで付いてくるナビの性能がかなり良く、今のところこれで十分まかなえている。
ナビといっても朝鮮戦争当時の中国軍よろしく米兵も吃驚の徒歩機動が中心なのだが、誤差も小さくバッチリである。

これで気の利いた冗談でも言ってくれたら実写版宇宙戦艦ヤマトのアナライザーかと見間違うばかりである。
(サバゲ中、「実体化して我々を援護!」とか出来たら最高だね)

という事で、1ヶ月位は併用しますが、今後メルアドと電話番号が変わります。

我が輩の懐中電話・電信ご存じの方、「新アドレス教えろ」とご一報下されば折り返しご連絡差し上げます。
(すいませんアドレス帳移転が上手く行ってません!)

人参解放軍公式HP「人参日報」
posted by 紅中兵 at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

本部ビル住所移転

その連絡は11月17日に来ていた。一部であって自分のところは違うと勘違いしてたら、バッチリ該当してしまって人参日報のURLは現在以下に変わってます(再アップロード済なので全ページ表示される筈)。
WEBサーバーが経営母体の変更によりアドレスが変わってしまったのだ。前回の買収ゴタゴタの時はアドレス変更はなかったんだけど、今回統合した奴は心が狭かった、という事か。(こういう事されると思い切ってサイト置き場変えたくなるよね)

「人参日報」新URL
http://hw001.wh.qit.ne.jp/broomhandle

お陰でリンクは切れるわ問い合わせは多数来るわ、もー大変!
それにしても、仮にすぐ気が付いていたとしても2週間足らずでそんなすんなり移行が出来るものなのか。
特に検索エンジン系が反映されるのにはどの程度の日数がかかるのだろう。
折角ググられてもそれなりに上位表示される様になって来てたのに、また1からだ。

まあ良い。逆境に挫けず壊されたらまたそれ以上の物を作り上げる。これこそ革命の道。
面白ネタで前以上に盛り上げて見せようではないか。
・・・と言う事で、心配された皆さん、ご迷惑をおかけしました。私は元気です。
posted by 紅中兵 at 01:12| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

SPAMコメントを撃破せよ!

最近ちょこちょこと更新をかけている所為か、不愉快なSPAM的コメントが付される事が度々ある。
が、かつての野放し掲示板と異なり、主席執務室応接間本館のあるseesaaは禁止WORDが設定できるのだ。
で、面白いからウザウザカキコがある度にキーワードを登録している。
ん、普通のカキコが引っかかったらどうするって?
エロサイト誘導と大して変わらないような文章しかかけない奴は我が応接間に入る資格無し!だから良いのだ。

しばらく前にも入隊希望?と思われる連絡で、てにをはの「は」が全部「わ」になってるわ、PC宛メールだというのにやたらと絵文字らしきものが入ってるわ(全部文字化けして「P」だの「。」だの「ー」だの意味不明な漢字が頻繁に文中に出てくる)、あんまり酷いので子供のいたずらかと思って年を聞いたら33才だという。もしかしたらふざけてわざとやってるのかも知れないと思い、「普通の日本語で書いてくれ」と返したら結局それっきりになってしまった、という事があった。

そういう常識の欠如した人は、もし仮に入隊を認めたとしても周りに迷惑をかけたりして結局軍内で浮いてしまいお互いの為にならないのが目に見えているので、入隊資格にわざわざ「ルールやレギュレーションといった規則を守る事が出来、一般常識を有する」と但し書きを入れているのだ。

ちなみにもう1つの条件は「日本語・英語・韓国語のいずれか1つは理解出来る事」。ロシア人ネイティブスピーカーとかせっかく来てくれても、我々は誰も意思疎通が図れないので・・・
もうちょっと私の学習が進んだら中国語も加えてあげたいところだが、残念ながらまだ中国語で指揮を執れるレベルにはないのだ。
posted by 紅中兵 at 22:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

紅の蝿

さる8月にキングジムのポメラの話をしたが、その後結局我が懐中電話(PHS)は機種変をした事によって青牙(bluetheeth)が使える様になっていたのでこれ用の折り畳みキーボードを使って入力を容易にしていた。
タイピングについてはこれで解決したのだが、なんのかんのといっても画面はPHSのディスプレイそのままな訳で、今も時間をみていつぞやのゲームレポートを書いている途中なのだが、とにかく目は疲れるしすぐ改行はしたくなるし、表示文字数も少ないからちょっと前の方で書いた物を見ながら次の文章を・・・なんて時には不便だし、でまあ使ってみたらやっぱり不便はまだ未解消だった。

で、そんな時たまたまネットを彷徨っていて見つけたのが「REDFLY」。
これは何かというと、USB又はbluetheeth接続で携帯端末の外付けキーボード&ディスプレイとして使えるという物。というかPC的な機能は持って折らず、単に入力と出力を最近のUMPCっぽいインターフェースで行える、というシロモノ。
何が利点かっていうと、PCではないので「同期」という手間が要らない。操作したものがイコール携帯端末に反映されている訳だ。更にネットなんかする時にちっこいディスプレイでやたらスクロールしながら見てたり、画面構成が崩れちゃったりしてたのもこいつならPCの画面の様に扱える。
さらに、USB接続すると携帯端末の充電まで出来るそうだからこりゃあ至れり尽くせりだ。

サバゲのゲームレポートとか、HPの記事とかを出先でちょっとした時間に書き進めたいという事が多々あるので、そういう我輩にとっては「人参解放軍大本営最前線機動電脳」として非常に役立ちそうな機械である。
前に触れたポメラの場合、PCと同期すなわちデータを落としてまた戻して・・・という動作が必要になるがコイツの場合それは不要。また携帯端末で出来る事は基本的に何でも出来る訳だからメールもウェブブラウジングも自在に行える。この点でポメラよりアドバンテージ有、と判断した。
ただし畳んだ際のサイズは紅蝿の方が大きい。とはいえ、ちょうどA4半分くらいのようだ(カタログスペックから)からカバンに入れておいて困る程でもなさそうだ。少なくともこれまでの様に中央電脳を持ち歩く事を考えたら全然楽勝。
ただ問題は、値段が・・・まだ実売で¥3万前後らしい。せめてポメラと同等になってくれないと食指も動かしようがないよ・・・¥1万切ったら飛びつきなんだけどな。
posted by 紅中兵 at 22:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

殉国ならアマゾン

ググったら一発目で一番上に出たよ。「殉国」で。
いや、youtubeで以前見た中国映画の動画URLを確認したかっただけなんだが。

それにしても最近、検索サイトの広告表示が酷いね。まあこれなんか顕著な例な訳で。
検索表示の上位表示はまず必ず広告誘導。だからこんなのも出てくる訳だ。
アマゾンで国に殉じたくなんかない。個人情報を使い回しすると有名な楽天も検索で良く引っかかるのだが、絶対買い物なんかしたくないぞ。

まあ確かにネット通販の店を探す事もあるから、100%不要だのと否定するつもりはないのだが、ちょっとこれは酷すぎて笑ってしまったので一口ネタとしてここで紹介。
posted by 紅中兵 at 03:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

ポメラが欲しい

各種ゲームのレポートにブログネタ、1面記事更新といろいろと書き物をしたいのだが家では集中できない時もあるし、出先でふっと時間が出来たりという事もある。意図的に「今日は記事を書くぞ!」という気まんまんな時は中央電脳を持ち出しているが、なにせ大きいので他に買い物をしたりと他の用事をこなすのが結構大変になっちゃったりして、最近流行のネットブック系でも1つ欲しいなーと思っていた時に見つけたのがポメラである。
中央電脳を持ち出しても、使うのは9割方がメモ帳だけだったりしているので、まさにこれで充分。
単四ってのはちょっと残念(単三ならなあ・・・)ではあるが、まあそれでも20時間連続稼動可能というから、全然カバーできるレベルではある。

ただ、ネックは値段だ。まだ最安値でも\1万5千程度している。これが\1万切る位になったら射程距離なんだけどな。
手持ちの懐中電話を何とか使う方法でも考えてみるか。
ラベル:ポメラ
posted by 紅中兵 at 12:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

カスって王へ

ちょっと前になるが、時々メーラーも立ち上げてないのにメールをウイルススキャンするというメッセージが出る様になった。
アヤしいなと思って毎回LANケーブルを抜いて阻止していたのだが、そうするとその後ネット接続が出来なくなってしまう。もしかしてウイルス感染か?でもウイルスソフト入れているのにこれって事は他のソフトで試さないと意味がないと思い、とりあえず最強と謳われるカスペルスキーの30日お試し版を入れてみた。
なんと案の定、1発発見。早速駆除しその後勝手なメール送信は起きなくなった様だが、このカスペルスキーが激重で、立ち上げ直後にメール受信を行うとやったら時間はかかるわネットサーフィンもしょっちゅう止まってしまい頁は開けないわ、フォルダ開くのでも何やってんだか待たされるし、ともうPC使う度にストレスが溜まる事しきり。
我慢できなくなって、お試し期間切れる前にこっちから辞めて今度はkingsoftのinternet seculityを入れてみた。
ファイル更新の頻度も多いみたいだし広告が出るのを我慢出来ればずっと無料、って事なのでまあこれも試しと入れてみたら、軽い。さっきまでカスペルスキーの奴がチンタラやってたのは何?ってくらいサクサクと、まるでウイルススキャンもファイアウォールも入れてないかの如くに早い。しかも、カスペルスキーがずっと動いてた筈なのにウイルス1つ発見されてるし(カスペル導入前、メール挙動不審の頃からメモリエラーでアプリが落ちる事もあって、怪しいとは思ってたんだが、これがkingsoftでやっと検出・駆除された)。ヲイヲイ滓野郎は何やってたんだ?
パターンファイル更新もスキャンも前2種なんかより全然早くって、しかも更新はほぼ毎日ちゃんとされている。
こりゃかなり気に入った。
posted by 紅中兵 at 01:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

中央電脳更改か?

ちょっとレポートが溜まっている(なんていうと学生みたいだが、人参画報やらゲームレポートやらである)ので、茶店で落ち着いて集中書き上げでもと思い人参軍中央電脳をバッテリーフル充電で持ち出した。
ところがどっこい、まず何時の間にかトラックポイントがいかれていてポインタが動かせない。普段はマウス使ってるから気が付かなかった。
四苦八苦の末、ファンクションキー操作を思い出してファイルは開けるようになったのだが(今この文章もそれで書いている)、今度はバッテリーもへたっていて3本充電したのにもう2本が電圧低下で使用不能になってしまった。
いつもだと持ち出しは560Xという結構古い奴をつかっていたのだが、流石に5本あるバッテリーもだいぶへたって来て、今まともに使えるのは1本だけになってしまったので今回中央電脳で出撃をしてみたのだが・・・

こうなると中央電脳も新型に換装しないといけないのか・・・国家予算が無いなあー。

中々辛い。同じ型で新しいのを探せると良いのだが。
posted by 紅中兵 at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

SPAM死すべし

ご存知の方もあると思うが、最近ちょっとHPのメールへのリンクのところとちょこちょこ弄っていた。
と言うのは最近SPAMメールが酷くなってきたからだ。
いろいろと試してみたが、@があるとダメみたいである。自動収集ツールで引っかかってしまうのだろう。
@を置き換えたところ半減したので効果あり、というところである。
しかし、まだ10通足らずであるが毎日糞メールがまだ来ているので、そのうちjavascript使った物に置き換えるつもりだ。
気軽に手軽に連絡を頂ける様にと設けているメール送信フォームなのに、クズ業者の所為で人参軍と連絡を取りたいと思う人にいちいち面倒をかけなければならない事が心苦しいのだが、大事なメールが糞メールに埋もれてしまって確認が遅れるなどといった事態も起こり得る為、やはり対策を講じていかなければならないだろう。
面倒な世の中である。
posted by 紅中兵 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳・電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする