2015年07月16日

エアーガン的白猫黒猫論

先日のBEAM戦では、「装備の無い新人や体験入隊者への貸し出し火器はきちんと役をなすのか?」を検証するため、敢えてZB−26やPPSH−41といったお気に入りの電動を封印し、モーゼルも非常時のバックアップとして腰に下げつつ、貸し銃の双璧であるオルガとスコーピオンをメインに据えて戦ってみた。

スコーピオンはドラムマガジン2本(いずれも中華製)のうち1本が弾上がりの良くないのがわかったが、ゼンマイをマルイの多弾数マガジンのと交換した方は給弾不良もなく、快調なフルオートで何人もの敵兵をヒットして「多少射程が短いとしてもアウトドアフィールドでも十分イケる」事を実証してみせる事ができた。

スプリングの弱さが給弾不良に繋がる事は、この日に同志金子の電動93Rもやはり2発に1発程度しか弾が出ないという症状が出ており、私の方でちょこっとマガジンスプリングをいじったらたちまち快調になった事でも確認される事となった。
給弾部の噛み合わせかなーと言っていたのだが、むしろマガジン側の方に原因があったようだ。

そして、オルガの方は先々回のビクトリーショーで買った中華製ドラムマガジン・中古で買い集めた200連の多弾数マガジン3本のいずれも動作快調を確認。
勿論弾も条件的に一番厳しいと思われるバトンのバイオ弾を使用して、だ。
IMG_5898.JPG

前にここでも書いたが、オルガのチャンバー周りはちょっとしたカスタムが施してあって、長距離の伸びが良い様になっている。
これもフィールドのシューティングレンジ(そんなに遠い様に見えなかったが、最大50mあるとか)の最遠部にある的にセミオートで2発目からビシバシ当てられたので、出来としてはかなーり満足だ。
(あんまり当たるからレンジは30m程度かと思っていた位)
しかも、弾は上記と同じバトンバイオ0.2gを使用してだ。

実戦投入してみたが、セミオート戦でも数発でバリケードから頭半分とかの露出部にヒットさせて撃破を多数叩き出す事が出来た。
ねじの頭削って作っただけのリアサイトも実はかなり正確に照準出来、これなら銃の性能に依存する失敗は(ホップ調整をしくじらない限り)発生しなさそうだ。
それに、命中精度が高いから使う弾数も少なくて済む。
狙い通りに飛んでいくから指きりバースト射で用が足り、200連マガジン1本でも十分制圧が出来た。

また、バッテリーについてもせっかくラージが使えるので、ラジコン用の7.2Vを入れて使ってみた。
かなり古い奴なので途中で切れるかな?と思ったのだが結局最後まで問題なく使えた。
ボルト数が低いので8.4Vより連射速度は落ちている筈なのだが、後で考えたらそういえばそうだったなあーという程度で、ほとんど気にならず。
むしろ、200連程度のマガジンでも射撃時間的に長く使えるので、マガジン交換が頻繁にならない、というメリットに繋がっていた。
はじめからドラムマガジンでいった時は、相当数のゲットを挙げてかなり射撃したと思った回でも弾切れで交換をする事はなかったので。

この辺、最近流行りのハイサイクルとは完全に逆を行くんだけど、だから不便とか困るという事もなく戦果を上げ続ける事が出来た。
命中精度と連射速度の関係で、別にケチケチ撃ってる訳でもないのに1ゲームでの使用弾数が少なくて済むのは、エコで良いんじゃない?と強くアピールしたい。

ゾンビもいたけど、ちゃんと撃破するまで撃ち込めたよ。こういうケースでは(ヒットコールまで)射撃が長時間続くから、撃たれる側としては弾切れとか射撃一時停止まで知らん顔するのも難しいのでゾンビ対策としても有効なんじゃないかと思った。

軽いしマガジンもそこそこあるし、命中精度も高い上、バッテリーの持ちも良い。

余り物で作った筈の銃が、ゲームウエポンとして最適の仕上がりになった。
エアーガン的プロジェクトXな展開だよね。

タイトルはケ小平の「白い猫でも黒い猫でも、鼠を捕るのが良い猫だ」から。

という事で、人参軍体験入隊又は見学参加の皆さん、オルガは限定1丁ですからもし割り当てになったらラッキー、是非じっくりと体感してみてください。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)

人参軍オリジナルの初心者講座:「知香のサバゲダイアリー
posted by 紅中兵 at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

Vショー始末

先日の雨天を省みず、行ってきましたビクトリーショー。
狙いは個人ブースのジャンクみたいなパーツ類(普通のショップにはなかなか出回らない様な、細かなパーツをいろいろと探しているノダ)、だったのだが、以外や以外ちょっと大きめパーツ?で当たりがあった。
結果的には行って良かった500円分のモト十分に取れた、ってところ。

まずはAKの外装、というかメカボ以外ほぼそっくり、というのをゲット。
元々はロアーフレームと固定ストック部を買って、手持ちの初期スペツナズ(’97ホビーショー限定販売)をベータっぽくしようと思っていたのだが、個々にパーツで買うとやれストックプレートがないだの取り付け金具がないだの延長コードがないだのになり、個別に買ってると結構な値段になっちゃうのだが、全部まるっとついていてしかもロアーフレーム&ストックで買うより安かった。
何よりフロント周りもチャンバー・バレルまで含め付いてたのは大きい。
自作カスタムとかするとバレル&チャンバー揃ってると助かるのは理解出来ると思う。
なんかスペツナズのメカボだけこっちに組んで並のAKにしちゃおうか、なんて気もちょっとしている。
輸送の事を考えるとやっぱベータサイズなんだけどね。
ちなみに、何故せっかく短小で携帯に優れるスペツナズをわざわざ固定ストックにしたいのか?
Sやスペツナズは使用バッテリーがウナギだからだ。
今、手持ちがニッカド1本しかないんだよね。
固定ストック化すればラージでもミニでも、何でも使えるようになり汎用性が格段に向上するので。

ついではMP5Kのアッパー&ロアーフレーム。これ、各々200円だった!
ご存じの様にフルスクラッチ成功したオルガの2丁目を考えてたので、これはあれば良いなあと思ってたら見事に見つけた。
実はメカボだけってのがミタカ大本営にあったりするのだ。
ただ、いざ組み合わせようかと思ってみていたら
・トリガー
・セレクターパーツ
・グリップエンド
が足りない。
ま、こういうのを探すのが本来の目的だったりするのだが。

そしてそして、懐かしのアカデミー製ブローニングM1910(シルバー)をこれまた200円でゲット。
ただし、使用不可ジャンクと再三念を押された。
部品取り、最悪マガジンだけでも使えればと思って買ったのだが、早速分解してみたところトリガーバーが折れているだけと判明。
こんなの板の両端に穴が開いてるだけのパーツなので、銅板切って削ってで作れそうだ。

上記3点の中で一番戦力外っぽいが、直したら楽しそうNO.1だ。
たぶん最初に戦力化するのはこれだと思う。

あの「ポコ!」という独特の発射音、戦場に再来か。胸が熱いなあ。
(いや、ちゃんと動くの別に1丁持ってるんだけどね)

あと、買ってないけど中華電動の「スポーツラインシリーズ」ってのがかなり安くて気になった。
我々的に良いところのAKやベータスペツナズタイプが9500円(税込)だったのだ。
「ショップじゃこの値段じゃないよ」と言ってたので、後々考えたら、初心者への貸し銃用として買っちゃっても良かったんだよなあ。

これとか、M14ソーコムのウッドストックバージョンとか、部品入れ替えて作ろうかと思ってたのがまんま出来合いで売ってる(しかも安い)ので、懐具合が暖かかったら・・・と、終わった後にHUBで大酒飲んじゃいましたとさ。

あ、そうそうビクトリーショーは次回から浅草で開催だそうだよ(建物自体が立替とかで)。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中
posted by 紅中兵 at 09:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メカ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

遊撃隊は街に潜む

先日、ちょっと帰りが早かったので秋葉原に寄ったところ、ちょうどガ○スミスバトンの向かいエ○ゴヤの通りの交差点で制服警官に職務質問を受けている2人を見かけた。
通りすがりにみてただけなのだが、カバンの中身も漁られボディータッチでの身体検査まで、フルコースでやられてた。

それは何故か。
彼らの格好からさも当然、な印象だったので。
年輩の(爺さん入ってました)と、若い方はデブ。
2人とも迷彩のジャケットに迷彩のベースボールキャップ。爺さんはご丁寧にリュックも迷彩。
オマエ等ここで誰と戦うんだよ、って感じ。
さすがにアキバでショップ近くではあるが、それでも街に浮いていた事は明白である。

フィリピン辺りで反政府活動してそうな「不良ゲリラ」って出で立ち、といえばイメージしやすいだろうか。

ショップがあるからって、そういう格好でうろついて良い訳じゃない。

我がチームではそういうの、厳に戒めている。
市中ではやってせいぜい1点まで。
軍隊っぽい格好したければ、サバゲの時にフィールドで存分にすれば良い。
その為に月2回の活動を必ず維持しているのだから。

弱い犬ほどよく吠える、という様に、大したこと無い奴ほどミリカジしたがる。
これは別の時だが、ガン○ミスバトンでカウンター近くに張り付いてしょぼい知識をひけらかしながら店員にずっと絡んでいるオヤジをみた。
あれもやっぱ迷彩ジャケット羽織ってたな。

我が輩は一度店を出て、一回りした後に弾を買いに再度寄ったらまだいたので、店側も随分と迷惑だったことだろう。

しかもそいつ、我が輩が手に取ったジャンクパーツを見てたと思ったら、置いたとたんに手にとって「あーこれこれ、何とかかんとか」ってまた店員相手に始めた。
オマエ、それだけ長い時間いて気が付かなかったんかい。
欲しいなら黙って買えよ。所詮はジャンクパーツなんだから能書きなんか不要だ。

こういうダメな大人を見かけても、真似しちゃダメだぞ君達。

ありきたりな会社員のフリをして、我々がすぐ近くチェックしてるからな(笑)

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 00:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

厨房部、最近の課題

まだ6月だというのにもう真夏かという気候が続く中、先日のゲームでは昼食に冷やし中華を作成した。
この日は、結果的に10人となったものの当初は13人参加予定があり、昼食どうするかをとことん悩んだ。
例によって前日のスーパー視察でふと思いつき、食材を集めてみたところ所定の1人500円を割り込む額で大丈夫な事もわかったので、やってみることとした訳だ。
氷を大量投入する事が出来た(そのために、かき氷は見送りとなっちまったが)おかげで、きちんと冷えた麺の冷やし中華が提供出来たのは厨房部活動員としても嬉しい限り。

それにしても、想定していたとはいえ10人以上のメシを何の設備もないアウトドアで1時間で作って食べ終わるまでやるってのは結構大変である。
しかも人が増えると「アレが食えない」「これはアレルギーが・・・」なんてのもいろいろと出てくる。
その辺考慮しつつ、かつ「安くて」「短時間で」「美味い物」を失敗なく提供し続けなければならない。

これまでの5ー6人分なんてのはそれ考えたら全然余裕。

とはいえ、前々回の人特演ではサムギョプサルを提供したりと、かなりアグレッシブに「新規美味いメニュー」の提供には取り組んでいる。

厨房部活動は大変になったが、そのおかげで人数的には単独でもゲームが出来てしまうレベルになったので、それはそれで1つ上のステージでの遊び方が出来るようになった、という事でもある。

女子メンバーも増えてきたしね♪

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
タグ:野外調理
posted by 紅中兵 at 21:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

その名は人参軍

先々日某有料フィールドで1暴れしてしたきたところだが、ウチのメンバーがその後どこぞのショップで明らかに我々を指す一団について話題に上っていたのを聞いたそうだ。

チーム名が知れ渡るところまで行きたいが、まずは参加者の記憶に残る団体となれた事を良しとしたい。

もちろん、単なるイロモノではダメだ。
特異な装備だけでなく、戦闘力をもって印象に残ることが肝要である。

余所にはない、他には類似する部隊がいないOne and Onlyなチーム、それが人参軍であることを、上っ面のネット宣伝ではなくリアルな実力をもって示していきたい。

その為にはまだまだ精進が必要だ。

努力なくして成果なし。
次回、我々は再び人特演(人参軍特別演習)に臨む。

人参解放軍公式HP「人参日報
入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 17:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | チーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

キモは「相手に届く事」

最近サバゲがちょっとしたブームだそうで、我がチームへのお問い合わせも頻繁に頂いている。
で、時々みかけてとても気になるのが「入りたいですよろしく」(ホントに、こんな程度しか書いてない)だけのメールを送ってくる人。

正直、こちらからはどう返してよいのか返答に困る。
どういう理由で人参軍入隊を志したのか、とか、装備・エアーガンはあるのかないのか、未成年なのか18才以上なのか、どこに住んでいるのか(場所によっては活動不能な事もあるので)、何かしら手がかりをもらえないと当方では判断しかねてしまう。

なので、こういう一行メールには上記の様な情報を教えて欲しい旨を返答しているのだが、この後にちゃんとやり取りが続くならまだしも、これにレスがなく消えていくのが半分。
残り半分も聞かれた事は答えるけどその後はまたパラパラと1行メールが続く。
それも「早く出撃先と時間教えろ」だの「LINE登録させろ」(LINEでやり取りするなんてこちらからは一言も言ってないのに)とか、とにかく一方的な要求。
正直、LINEは既読機能や無料電話等便利なので使うことは使うのだが、PCで立ち上げが面倒だしスマホの入力では長い話を打ち込みたくないので、ゲーム当日の緊急連絡等に限っている。
だけどこういう輩は思いついたらまた1行質問を投げてきて、返事がないと「既読だぞまだですか」をしてくるんだろうなあと予測がつくので、初回参加するまでLINEは登録しない事にしている。
初心者だから知らないことも多いだろうし、こちらも質問には出来る限りのことを教えてあげたいと思うので、そうするとどうしても文章も長くなるからPCからタイピング必須としたいからだ。

で、この途中でちょっとでも叱責めいた事をいうと、もうそっからレスなし。
先日も参加表明までして集合時間・場所のやり取りまでしていたのがいたのだが、「ベストを貸せ」というから「そんなのウチのメンバー誰も使ってないけど」と返したら当日ドタキャン。

別に、知らないことを責めるつもりは毛頭ないのだが、「それをしたらどうなるか?」を考えて行動出来ないとエアーガンを使う遊びだけに他人に怪我をさせたりもしかねない上、我々も全てみていていちいち「それはダメ」なんて言ってあげられるわけではないので、多少なりとも相手に配慮の出来る人である事は必須ではある。

こういうオーディション(?)を経て、実際にゲームに参加するまでに至るのはだいたい5人に1人位。
で、更に2度目の参加があるのは2人に1人位となる。

そんな自然淘汰を経て、晴れて人参軍牌布(チームパッチ)を授与されて正規メンバーとなる成為か、我がチームメンバーは老若関係なく人の為にフットワーク良く動いてくれる。
火力で劣る我が軍にとって「人は石垣、人は城」であり、それ故にチーム単位での戦闘力は火力を補って余りあるものを発揮出来ているのだと思う。

人参軍の宝はZB−26でも我がモーゼルでもなく、それを構成するメンバー自身なのだ。

さあ諸君、共に戦える事を誇りに、どこまでも邁進しよう!

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

チームの地力とは ーサバゲ普及の裏でー

去る5月31日、メンバーの希望があり有志だけで千葉のCIMAX定例戦に行ってきた。
少な目とはいえこの日も100人超の参加者があり、特に5/31まで女性無料だった成為か、女性とお子さんの参加が他フィールドに比べ多かった様に見えた。
(でも、我々の戦闘正面には現れないんだが)

この日、ちょっと気になったのが、ネットでかき集めたのか初めて集まったっぽい一団。女性も含め7〜8人だが、ほんの数名以外がほとんど未経験だったようで、それは構わないのだがマガジンの着脱とかセレクター操作とかといった、銃の基本的操作を弾速測定のスタッフに説明させている。
ベテラン(らしき奴)は側にいるんだけど、見てるだけ。
当然、本来すべき弾速測定が止まっちゃって、そこに100人超の参加者がいるのだからあっと言う間に弾速測定のゲーマーが大渋滞。

ネットを使えばSNSとかで人集めは簡単なのだろう。
そりゃあ、女の子がたくさん来たら楽しいyo!
だけど、呼んだ自分達が世話できるかどうかくらいまず考えろ、と言いたい。
この辺、育てる事を考えずに子供産んじゃうDQNな親達と共通する不快さを感じた。

我々だったら、とっとと初速だけ計ってもらいセーフティ又は試射場(この時はまだガラガラだった)で自分達で銃操作を教える事はいうまでもない。
その際には単に扱いだけじゃなく、常に銃口の先に気をつける事や、不用意にトリガーに指をかけない事、などの操作以前の心構えも併せて指導する。

そういう指導をしたくないなら、ちゃんとお世話不要なメンツで集まる事だ。

SNSの募集を見てると、「みんな初心者です一緒にやりましょう」なんてえメンバー募集を良く見かけるが、単に人集めだけが上手い奴が全く初対面未経験を集めて大丈夫な訳ないだろう!という危機感を抱いていたが、この日のこれはまさにそんな感じだった。

ラーメン屋だって独立開業の前にはどっかで修行するだろ?
苟もチーム運営するんだったら、きちんとした活動をしているところで基本的な事を学んでからにして欲しいものだ。
「ゲーム中の試射はNG」なんて常識すら知らない輩がまかり通っているからなあ。

※ゲーム中の試射については、有料フィールド等でゲームフィールドと試射場が十分に離れていて混乱の危険性がないところでは認められている場合もあるが、ゲームで撃っている射撃音と混乱し進行中のゲームに支障がある事、フィールドの構成によってはセーフティに戻るヒット者が試射の弾に当たる危険性がある、等から、一般的には広く禁止とされている。

人参解放軍公式HP「人参日報

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

上海戦終えて

昨日、今年の人参軍GW特別イベント「第10次上海戦でGO!」が無事終了した。
今回は総勢14名、ちょうど日中7名ずつとなり4人・3人の分隊構成がとれた事もあり、昨年にも増して盛り上がった1戦となった。
今回も「武士」よりコバさん10年ぶりに復帰というドラマチックな復活劇があったのをはじめ、いろいろとネタ盛りだくさんの楽しいイベント戦となった。

毎回思うのだが、どう楽しいかと言われてもこればっかりは参加しないとわからないので、別の視点からやってて気づいた事など。

この戦は同分隊のメンバーからのタッチによる復活を取り入れている。
ただしそれだけだといつまで経っても終わらないので、白兵戦武器や敵からのタッチ、手りゅう弾などによる復活不可の死亡攻撃もあり、分隊単位で全滅したら所定の回数までは増援部隊として分隊の復活もできる。

これにより、
@戦死を恐れず果敢な攻撃
A分隊メンバーでの連携
が自然と発生するのが、普通のサバゲと異なり激アツな戦闘となる理由だろう。

特にAについては、常日頃メンバー連携の仕方や機会に頭を悩ませるチームも多いと思う。
それがこの戦では孤立し戦場に放置されたらせっかくの復活ルールを活かす事なく戦死になってしまうので、畢竟同じ分隊のメンバーと足並みを揃えお互いにどこにいるか・何をしようとしているかを確認しあいながら動くことになる。
当然ながら、真後ろからただ付いていくだけだと2人纏めて被弾してしまうので適当な間隔を維持したりといった通常のサバゲの基本もそのまま活かされるので、やみくもに暴れてもダメなのはいうまでもない。

初心者とかインドア戦不慣れな者が、普通だとすぐヒットされて終わっちゃうのがこのゲームだと復活して戦闘継続できるので飽きないだけでなく、失敗したと思ったそのシチュエーションからまたゲーム参戦できることも、ケーススタディを学ぶ良い機会になっていると思う。
だから、復活させてもらってすぐまた無謀な攻撃をかけるよりは、復活後後退するケースの方がずっと多かった。
普段のサバゲで後退の判断ができる人って少ないと思うが、このゲームやってるとそういうタイミングを図ることも出来る様になってくるので、半日ほどのインドア戦という小さなイベントゲームだが学ぶもの多き機会でもあり、人数さえ集まるならもう少し回数を増やしても良いかな(上海戦以外のシチュエーションとして)、とも考える次第である。

拳銃1丁あれば存分に戦える、とは機会ある毎に何度か言っているが、今回も我が輩はボロモーゼル1丁しか使わなかった。
近距離戦闘が必然的に多くなるので、通常のモーゼルより少しでも初速を落とそうという配慮から、短銃身ボロモーゼルと0.2g弾という組み合わせをメインとし、バックアップで銀モーゼルとコッキングのトカレフを下げていたのだが結局これらを抜く事はなかった。
もっとも、カタヤンは弾切れやバッテリー切れで頼みの軽機が使用不能になりトカレフを使用する機会が多発していたが、それでも存分に戦っていた。
もっとも、コッキングトカレフ(トイスター製)自体かなり使えるので。
思えば3対30戦でもカタヤンはいつの間にかトカレフ1丁になっていた。

そんな訳で、コッキングでも名を挙げる事ができるのがこの上海戦でGO!なのだ。

人参解放軍公式HP「人参日報

人参解放軍主催イベント「上海戦でGO!
タグ:上海戦
posted by 紅中兵 at 20:17| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲームレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

時にはヴァシリの様に

つい先日正規入隊した同志よりの「ソ連ポンチョが欲しい!けど売ってない」との依頼により、ミタカ大本営内被服廠ではこの要望を満たすべく、ソ連軍ポンチョの情報を収集し作成に着手した。

作りは様々な画像資料から何とかわかったが、ボタンが特殊で同形の物はそこらにはないので再現しようと思ったら自作するしかない。
まあここは木製ボタンでそれっぽくする事で今回は留めておき、材料を調達。

たかが1枚の布だろうと思ったが、実は結構な量を必要とした。なんと軽く服上下が作成出来る位。

で、しかも縁取り縫いに紛れてフード絞り込む紐を縫ってたり、位置決めの難しい位置に手を出す部分があったりで、作成の手間も結局、軽く上下一式作るに等しい位かかってしまった。

とはいえ、出来はかなり満足。
ふわっと羽織れば気分はヴァシリ・ザイツェフである(吊される子供は付属しません)。

で、完成品を見ていて気づいた。
以前ここで紹介した「NO.9の残念な少年」にもしこれが貸し出せたなら・・・
そのうち時間が出来たら、貸し出し用にもう1着作成する予定である。

人参解放軍公式HP「人参日報

人参解放軍主催イベント「上海戦でGO!」参加受付中!

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム)
posted by 紅中兵 at 01:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

その名は「オルガ」

先日もここで取り上げた人参軍オリジナル電動ガン、「MP5−M1」とか「フレンチガン(仮)」等いろんな仮称を経て、正式名称は『M−1938「オルガ」』と決まった。
(写真中央)
oruga01.jpg

通称の由来は女優「オルガ・キュリレンコ」から。
ウクライナ生まれで米国人と結婚し現在はフランス国籍という彼女の入り組んだ経歴と、ドイツとアメリカの銃のパーツを寄せ集めたらフランスっぽくなったという本銃の生い立ちに共通点を見いだした同志多数がいた事による。

ちなみに「オルガ・キュリレンコ」といえばボンドガールとして有名らしいが我々が注目したのはその映画より「フロント・ミッション ー革命の反逆者ー」(日本未公開)に出演していた件だ。

この映画、モーゼルミリタリーの発砲シーンがしかも重要なところで出てくるのでその辺も注目の作品ではある(ストーリーは突っ込み所満載だが)。


さてこの「オルガ嬢」、その実力はどうだったか。

つい先日のゲームにて、開発時本来の目的である「新人さんへの貸し銃」としてデビューを飾った。
この日初参加の初心者さんは、オルガの準備が間に合わなかった事もあり午前中はAKー47を使用していたが、ノーゲット。
昼休憩中にセッティングを終え、午後のゲームからオルガを使ってもらったがなんとその初回で初の1ゲットを記録!
その後も好調でゲットを挙げ、「ビギナーに勝利をもたらす女神」としてメンバー間では「オレもオルガ使いたい」「部品揃えるから同じ物を作ってもらえないか」という要望が噴出した。

総額1万円未満の電動ガンとしちゃあ、大成功だよコレ。

人参解放軍公式HP「人参日報

人参解放軍主催イベント「上海戦でGO!

入隊志願はこちらで受け付け中!(お問い合わせフォーム
posted by 紅中兵 at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする